医学部の特殊な入試を勝ち抜くには大手予備校が安心です

大手予備校は過去問も豊富

大学入試を受ける際大手予備校は過去問も豊富抜けの無い対策を練って

また、大手であれば他の大学の過去問も豊富に揃っています。
志望校だけでなく他の大学の問題も解くことでそういった単語や知識に出会う回数を増やし、専門性を高めることができます。
医学部の入学試験ではほとんどの大学が筆記試験とは別に面接と小論文を課しています。
これは専門知識だけでは対応しきれない、このためだけの訓練が必要になります。
面接では、一般的な推薦入試などで聞かれる項目だけでなく、なぜこの学部や大学を目指すのか、他の大学でもできるのではないか、この学部を目指すきっかけや目指す医師像、時には倫理的な問いや正解の無い問いにも答えなければなりません。
他の人よりも揺るがない志望動機や信念を持っていること、どうしてもこの大学でなければ学べないという答えがあることが望まれます。
大手なら、そういった質疑応答を想定した面接の演習も行われているため予行練習が可能です。
小論文では限られた時間で当日に発表されるテーマに沿った文章を書きます。
専門的なことを聞かれることはないのでそこまで身構える必要はありませんが、誤字脱字に気を付け新聞を読んで社会情勢や医学関連のホットテーマを抑えておくだけでは対応できません。
自分が書いている文章の欠点は自分には見つけにくいものです。
また読みやすさも自分にとってはどうしても読みやすいものとなってしまうため、小論文として成り立っているかどうかは誰かに客観的に添削してもらうのが一番です。